育毛剤と養毛剤の違い

育毛剤と養毛剤の違い

似ているようで似ていないような、どう違うの?と疑問がでることありますよね。
そこで今回は、育毛剤の特徴と養毛剤の特徴でどちらがどのような効果があり、どの辺に違いがあるのかを紹介したいと思います。
この二つ一番異なる部分ですが、目的に一番の違いがあります。
まずは特徴から見ていくと違いがわかるでしょう。
育毛剤は、毛髪の成長促進をうながす成分の配合により効果を発揮しています。養毛剤より高い効果が求められそうです。血行促進や育毛の補助としても期待できます。
次に、養毛剤の説明に入ります。髪の脱毛を防ぐ効果が期待され、抜け毛から守ることを目的としたものです。この養毛剤は医薬品でも医薬部外品でもなく、化粧品の種類に該当します。栄養の補助成分や保湿効果に効果のある成分が配合されていて、低刺激な為安全にお使いいただけるのが養毛剤です。
二つを比べると効果を重視するなら育毛剤で、副作用の心配が特に無く安心してお使いいただけ、治療というよりも保護としてお使いになられるなら養毛剤が良いようです。
この二つの性質の違いをしっかりと把握し、正しい使い方をするとどのくらいの効果が期待できるのか、抜け毛の予防なら何を選ぶべきか、発毛の治療に力をいれ効果を発揮したいならどちらを選択するのかを、決めることができそうです。
どちらも似ているようなイメージがありましたが、違いが分かったでしょうか。症状とずれた選択をして肌のトラブルを起こさないように注意してください。