育毛剤と発毛剤の違い

育毛剤と発毛剤の違い

皆さんは、育毛剤と発毛剤の違いが分かりますか?
似ている様で実は違う効果をもたらします。
まず違いをはっきりさせておきましょう。
発毛剤は、抜け毛後にもう一度新しく発毛させる効果をもっています。
毛を生やす効果としては一番期待できます。
毛母細胞を刺激させて、直接発毛促進するので効果が高い理由の一つです。
育毛剤についてですが。
発毛剤と明らかに違うところは、元々ある毛を成長させるという目的の違です。
育毛剤は、血行促進や皮脂分泌の制御、毛髪の成長をサポートしてくれます。
効果が出てきたら、太くしっかりした髪の毛が生えてくるなど育毛効果があります。
このような製品の中では、育毛剤が一番多く有効成分を含んでいるようです。
これらはすべて医薬品なわけではないです、医薬品もあれば医薬部外品もあります。
必ずしも効果、効能がでるとは一概には言えませんが、症状や自分にあった製品、商品を選ぶことが大切です。
大体わかれているのが、発毛剤は医薬品、育毛剤は医薬部外品にあたります。
医薬品なのか医薬部外品なのかというところより、ご自分の症状に合うものなのか、症状にあった成分が入っているのかが大事なことになってきます。
成分の違いから絶対に表示してはいけない決まり事もあります。

育毛剤はあくまで育毛なので発毛効果はありません、育毛剤に発毛効果などと記載してはいけません。
各メーカーさんも表示をしっかりされているので、参考に説明書きをしっかり読みましょう。